土山さんに相談だ!在庫管理代行からSNS運用提案まで携わった祇園祭手帳の事例紹介

土山さんに相談だ!在庫管理代行からSNS運用提案まで携わった祇園祭手帳の事例紹介

京都の夏といえば、祇園祭! 今年も祇園祭の季節がやってきました!!

869(貞観11)年の起源から1150年、2009年にはユネスコ無形文化遺産に登録された歴史ある祇園祭を、より楽しめるための本があることをご存知ですか?

この度、株式会社河原書店様から発刊されている「祇園祭手帳」がリニューアルされました!

そして、弊社も祇園祭手帳リニューアルに伴って、携わらせていただくところが多くありました!

この記事では、「印刷会社だけど、ここまでやっちゃいました」という事例をご紹介します。

お客様情報
企業名 株式会社河原書店
業種 出版・書籍
今回の案件概要 「祇園祭手帳」フルリニューアル版の発刊(2020年までの拡散)

 

土山印刷の課題解決ソリューション

課題

祇園祭までに発刊したい

10年ぶりのリニューアルということで、気合が入った河原書店様。編集会社様と綿密に紙面編集をした結果、気が付けば5月。

7月の祇園祭を前に6月中には発刊したい、とのご希望がありました。

「祇園祭手帳」をリニューアルしたことによる認知度の向上と拡散を図りたい

せっかくのリニューアル、これまでご愛読いただいた方だけでなく、できればより多くの人にこの手帳を知ってもらい、祇園祭をもっと楽しんでもらいたいとの思いをお持ちでした。

が、プロモーションに関して「SNSを活用したいが、何をやるのがよいのか・・・」という状態だったそうです。

在庫管理と配送手配の業務負担を減らしたい

今回のリニューアルでは以前よりも発行部数を増やしたいけれど、その分の在庫管理や発送手配が大変になることを懸念されていました。

解決ソリューション

緻密なスケジュール調整で納期を担保

まずはしっかりと状況をお聞きし、弊社の営業が印刷・加工・納品のスケジュールを社内に確認しました。

そして、ご希望の仕様での印刷・加工を叶えられる最終の締切日を編集・制作会社様と調整し、結果的にご希望の納期に間に合わせることができました。

SNSやWebサービス活用を提案

河原書店さまでは4月に公式のフェイスブックページ(https://www.facebook.com/kawarashoten/)を立ち上げておられましたが、運用についての知見はまだまだ、とのことでした。

弊社がこれまでお客様と構築してきたSNSノウハウを提供し、自社メディアによるプロモーションのサポートをさせていただきました。

また、弊社の印刷通販プリントプリウスのECプラットフォームも提供させていただきました。

プリウスのSNSなどでも祇園祭手帳の魅力を発信することで、より多くの方の目に触れてもらえる機会づくりのお手伝いをさせていただきました。

倉庫管理、配送業務の代行

弊社のロジスティック部門を活用し、在庫管理、個別配送、書店への発送代行をさせていただいています。

効果

・スケジュールが調整されて、納期に間に合った。

・社内にSNS投稿・運用ノウハウを蓄積できた。

・発行部数は増えたが、自社で持つ在庫管理の負担が減った。

 

お客様の声
迅速な対応かつ丁寧なお仕事をしていただいてありがとうございます。大変助かっています。

 

この事例のポイント

印刷会社だけど、SNS運用のご提案までさせていただきます

商業印刷が本業ではありますが、実際には印刷されたものが最終的にいろいろな方の手元に届き、行動していただくまでがお仕事だと思っています。

お客様の印刷物が、より多くの方に知ってもらう手段として、SNSの活用などもご提案しています。

印刷会社だけど、在庫管理と個別配送を代行いたします

カタログ制作でボトルネックになるのが「在庫管理」。

より多くの方に届けたいけれど、大量の在庫を抱えるスペースがない・・・というお客様には、弊社のロジスティックサービスをご活用いただき、在庫管理だけなく配送の管理も対応可能です。

 

「土山印刷に相談してみたい!」ことがある貴方は

https://www.tsuchiyama.jp/inquiry?tiaws=001 の問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせは contactus@tsuchiyama.co.jp

お電話でのお問い合わせは 03-6891-1651<岩崎> にて承ります。