印刷するだけじゃない!施工立ち合いまでフォローしたサインボードの事例紹介

印刷するだけじゃない!施工立ち合いまでフォローしたサインボードの事例紹介

サインボードは施設や設備の「顔」になる重要なツールです。

当社では紙の印刷だけでなく、看板やサインボードなども承っております。

今回はその事例をご紹介します。

お客様情報
企業名 株式会社エイブルデザイン
業種 デザイン制作会社
規模 50名
今回の案件概要 木更津工業高等専門学校 国際コラボステーション 入口サインボード制作

 

土山印刷の課題解決ソリューション

課題

今回のお客様は「株式会社エイブルデザイン」様。

紙媒体のデザインのみならず、販促支援ツールやWeb、企業キャラクターデザインなど様々な実績をお持ちの企業様です。
(株式会社エイブルデザイン様のホームページはこちら https://www.ablegroup.co.jp

今回はエイブルデザイン様のクライアントである、木更津工業高等専門学校様のサインボード企画のお手伝いをさせていただきました。

施工作業までしてほしい

同じ課題をお持ちのデザイン会社様、制作会社様は多いと思います。

また、サインボードに最適な素材の選択にも課題がありました。

短納期で対応してほしい

こちらも多くのお客様からご要望いただく課題です。

今回はデザインOKから1週間以内に施工をしてほしいというオーダーでした。

簡単に着脱できる仕様にしてほしい

当該施設が今秋にも改装予定で、今回のサインボード設置はあくまで「仮」施工でした。

ですが人通りの多い廊下部分への施工だということもあり、しっかりと固定できる仕様で、というオーダーをいただきました。

 

解決ソリューション

現地事前視察

サインボードを提案する前に、当社営業と協力会社様とで現地を視察し、どのようなサインボードが最適なのかの事前調査を行いました。

様々な掲示形態をご提案

現地調査の結果を踏まえ、ソルボシールによる簡易施工、アクリルボード貼り付け、切り文字サイン貼り付けなど、様々な掲示形態をご提案させていただきました。

施工現場への立ち会い

もちろん最終施工にも担当営業が立会い、現地での細やかな対応を行いました。

現地で「パネルの角に人がぶつかると危ない」というご指摘をいただいたため、協力会社様とその場で検討し、急きょ危険防止サックを取り付け、危険防止対応を行いました。

効果

・現場での危険防止対応の様子から、エンドユーザー(木更津高専様)からの信頼度が上がった。

・土山印刷に素材提案やスケジュール調整を任せたことで、デザインに集中できた。

 

お客様の声
短納期で仕上・取付位置もその場で指示通りやって頂き感謝しております。角がぶつかると危ないと総務部から言われましたが急遽、危険防止サックを取り付けて頂き大変助かりました。サインボード施工後、入口が明るく立派になり、高専様も喜んでおります。今後の運用やその他施工についても引き続きご提案いただければ幸いです。

 

この事例のポイント

紙への印刷以外にも対応可能です

サインボードや、店頭什器、段ボール、アクリルなど、様々な素材への印刷にも対応できます。

また、企画段階からのご相談も承りますのでお気軽にご相談ください。

お客様に寄り添った対応を心掛けています

現地調査はもちろんのこと、当社で対応できないようなご要望であっても、協力会社様探しも含めて可能な限り対応させていただきます。

 

「自社のリソースで対応できない工程や案件」でお困りの方は

https://www.tsuchiyama.jp/inquiry?tiaws=001 の問い合わせフォームよりお問い合わせください。

メールでのお問い合わせは contactus@tsuchiyama.co.jp

お電話でのお問い合わせは 03-6891-1651<岩崎> にて承ります。