寺社巡りに持っていきたくなる!御朱印帳の事例紹介

寺社巡りに持っていきたくなる!御朱印帳の事例紹介

巷で御朱印帳ブームが到来していることをご存知でしょうか?

弊社が本社を構える京都は、日本の中でも歴史が深く、日本文化を体感できる観光名所が多くあることから、多くの観光客を迎える土地です。

歴史番組や、大河ドラマの舞台として多々取り上げられていますし、最近では歴史上の人物が登場するゲームや漫画、アニメの影響もあって老若男女、季節を問わずに多くの観光客が訪れます。

そんな中、ニュース番組で「御朱印帳ガール」が取り上げられ、話題にもなりました。

今回は、御朱印帳にまつわる知識と、弊社のグループ会社・株式会社マーケティングプリウス(印刷通販プリントプリウス)の事例をご紹介します。

 

御朱印帳とは?

御朱印とは、寺社へ写経を納めた(納経)時の受付印であったとされています。

複数の朱印を集めることを集印といい、朱印を押印し集印するための専用の帳面を朱印帳、(朱印に敬称を付けた)御朱印帳、納経帳、集印帳などと呼びます。

起源には諸説あるようですが、西国三十三所霊場詣や四国八十八箇所霊場詣、七福神めぐりなどに代表される巡礼と深く関わっていたようです。

御朱印は各寺社の神仏とご縁を結ばれた証であり、御朱印帳は積み重ねてきた修行の証を記す物です。

寺社それぞれに特長的な御朱印は、お守りやお札と同様にご神体やご本尊の分身にあたるため、御朱印帳を神棚や仏壇にあげている方もあるようです。

神棚や仏壇がない場合は、慶弔用の貴金属や数珠などと一緒に、タンスの最上部などに大切に保管するといいでしょう。

最近は、納経せずとも朱印をいただける寺社が増えているようですが、由来を考えると納経や参拝を経て朱印をいただくのがマナーです。

余談ではありますが、私も一度写経をしたことがあります。

静かな空間で自ら墨を擦り写経する時間は、とても落ち着き、心洗われた気持ちになりました。

 

御朱印帳の使い方

御朱印帳に種類はあるの?

御朱印帳には主に3種類のタイプがあります。

ブックタイプ

本のように製本されている形のものです。

紐綴じタイプと同様、裏移りが気になる場合があります。

中身が飛び出したり、分解されてしまうことはありませんが、記入していただく際に折り癖がついてしまいます。

蛇腹タイプ

横に長い和紙を蛇腹に折ってある形のものです。

弊社はこのタイプを採用しております。

最初のページから順に書いていくので、今までの参拝した証が一目でわかります。

また、御朱印を書く人が書きやすいです。

通常は右から御朱印をいただいていきますが、裏移りしにくい和紙を使っているので、表裏無駄なく使えます。

紐綴じタイプ

中の和紙が、紐で綴じてある形のものです。

御朱印をいただく時は、紐を少し緩めて書きやすいようにしてお渡ししましょう。

和紙が1重のものが多く、裏移りが気になる場合は1頁ずつ記入してもらっても構いません。

紐を解くと、中身の順番を入れ替えることができます。

寺院と神社、使い分けは必要?

「必ず分けなければならない」という決まりはありません。

しかし、寺院と神社の御朱印が一冊に混在する場合、御朱印を書いてもらえない場合があります。

寺院用、神社用の2種類は分けておいた方が良いかもしれません。

御朱印帳を忘れてしまったら?

御朱印所で忘れた旨を伝えると、半紙に朱印をいただけます。

いただいた半紙を大切に持ち帰り、御朱印帳に糊付けしましょう。

御朱印帳を持っていなくても、半紙をクリアファイルに入れて保管することもできます。

いずれにしても、丁寧に、大切に扱いましょう。

御朱印をいただくのに料金はかかる?

本来、御朱印は信仰のためにいただくものなので、「販売」という形はとっていません。

神社では「初穂料」、お寺では「こころざし」あるいは「志納料」などと言い、志を納めるという形をとります。

一般に300~500円が相場のようですが、寺社によって異なるため事前に確認をしておきましょう

また、お釣りが出て御手を煩わせないよう、小銭を用意しお釣りは発生させないようにするのがマナーです。

「お気持ちで」と言われた場合は、300~500円をお納めすれば大丈夫です。

 

弊社事例紹介

プリントプリウスのオリジナル御朱印帳ができあがりました!

 

御朱印帳サイトオープンしました!

 

使いやすい仕様にこだわりました

サイズ 大判 縦180×横122mm

御朱印をいただきやすいサイズです。

タイプ 蛇腹タイプ

広げると細長い一枚になっています。
墨書きされるかたも書きやすく、ご縁をいただいたお寺・神社の御朱印がひと目でわかります。

仕様紙 奉書紙

墨書きされるかたも書きやすく、いただいた御朱印の墨や朱肉が裏面に移りにくいです。

 

 

UVインクジェットで印刷

表紙は、ちりめん生地を職人さんがひとつひとつ手張りしています。

UVインクジェットで直接生地に印刷できますので、オリジナルデザインの御朱印帳の制作も可能となります。

また、ちりめん生地を使うとシボ(凹凸)の風合いがいき、風呂敷や着物のような高級感がでます。

京都らしさを表現したオリジナルデザイン

弊社の本社が京都にあることから、京都らしい絵柄を考案しました。

嵐山の桜と紅葉を背景に舞妓さんと和にゃんこ(茶白柄バージョン・八われ柄バージョン)のツーショット、東山の大文字をあしらっています。

また、2019年はいのしし年ですので、紺地花柄模様・白地市松模様バーションに飛躍しているいのししをあしらいました。

 

御朱印帳サイトオープンしました!

 

プリントプリウスでは、オリジナル御朱印帳の制作のご相談も承っています。

「ブログ見ました!」と、どうぞお気軽にお問い合わせください。

問い合わせフォームへはこちらから(プリントプリウスのサイトに飛びます)

TEL:075-316-3388