リッチコンテンツの有した新たなデジタルカタログ

リッチコンテンツの有した新たなデジタルカタログ

土山印刷は「日本一早く、効率よく、ストレスレスで総合カタログが作れる土山印刷」をキャッチフレーズに総合カタログをご提案、制作させて頂いております。

昨今、紙のカタログに加え、デジタルカタログ制作のご相談・ご依頼も多く頂くようになりました。
従来のデジタルカタログは拡大縮小、ページめくりなど紙媒体をそのままHTML上で閲覧する単純な機能しかもたないものが大半でした。
弊社では株式会社デジタルマックス様にご協力頂き、全文検索機能やページ送り、マーカー機能など、現在普及している機能を全て網羅した上で、リッチコンテンツと呼ばれる様々な機能を有するデジタルカタログのご提案をさせて頂いております。
ご提案できるリッチコンテンツの一例をご紹介させて頂きます。

1.動画や3Dモデリング等のメディアミックス
静的なページはもちろん、デジタルカタログページの中に人物を登場させて動きと声でインフォメーションをさせるなど、動的なページ構築が可能です。 静止画だけでは商品の持つイメージや雰囲気を閲覧者に伝えきれない場合があります。その様な場合には、動画や360度回転・拡大縮小が可能な3Dモデリングなどの他メディアと連動し見せる手法で、より訴求力を高めるご提案ができます。 また、動画のデータ等を社内でお持ちの場合には埋もれていたデータを2次活用できるといったメリットもあります。

3Dモデリング

カタログ上での動画再生

2.ECサイトとの連携 / クイックカート
購買機能のある多くのデジタルカタログでは、複数商品を続けて買い物する場合、別の商品を探す為に一度閲覧しているページから離脱しなければならない場合があります。 弊社がご提案するデジタルカタログではサイト移動を最小限におさえ、デジタルカタログ上から商品のご注文がしやすいようなインタフェースでページ構築をしております。

また、複数のカタログから商品を注文する場合に、ご注文していただいた商品のデータを保持したまま、別のカタログで同じように注文し最後に一括して注文する事ができます。

3.データベースと連動したシステム
デジタルカタログにデータベースと連動したシステム機能をもたせる事も可能です。
デジタルカタログ上で製品のデータにチェックをいれると、選択された製品がデータとして記録され、選択した製品のみを抽出してPDFにしたり、出力する事が可能です。
カタログとしての機能だけでなく、すでに保有されているデータベースと連携したシステムとしての機能を持たせる事も可能です。 社内データ管理や、営業サポートとしてのメリットもあります。

4.より高度なアクセス解析
デジタルカタログのどのページ、どの箇所が閲覧されているかを測るアクセス解析を行なう事ができます。検索キーワードやアクセス数を測る通常のアクセス解析と違い、オンライン上でリアルタイムに閲覧状況を取得したり分析を行なう事が可能です。また、ユーザーの注目した箇所やズーム位置などを記録しデータとして蓄積することができます。より詳しい統計をとる事によってデジタルカタログ閲覧ユーザーの動向を知る事ができセールスプロモーションなどに活用して頂くことも可能です。

お客様が興味を持ってズームをしたクリックポイントを視覚的に計測!

デジタルカタログの技術も日進月歩のスピードで進んでおります。高機能・高付加価値の最新サービスを常にご提案することで、よりお客様のご要望に応え、ご不満を解消できるように取り組んでおります。 少しでもご興味を持たれた企業ご担当者様は、お気軽に弊社にお声かけください。